スライディング・ドア

監督:ピーター・ホーウィット
出演:グウィネス・パルトロウ、ジョン・ハンナ、ジョン・リンチ 他

舞台はロンドン。ヘレンは、広告代理店に勤めるキャリアウーマンだったが、
会社にあったお酒をこっそり持って帰って飲んだことがバレてしまい
クビになってしまった。

その帰り、地下鉄の電車に乗り遅れたところから、この物語のスタート。

パターン1「もし電車に乗り遅れていたら」
家に着くのが遅くなった彼女は
彼が浮気しているか疑いを持ちつつ、核心がつかめず関係を続ける。

パターン2「もし電車に間に合っていたら」
早く家に着いた彼女は
同棲中の彼の浮気現場を目撃してしまい、長い付き合いに別れを告げる…。

「もしもあの時、ああだったら今はきっと・・・」
誰もが1度は思うことがあるはず。
そんな思いを、この映画は叶えてくれる。

同じ時を、違う場所で過ごし違うドラマを作る2人のヘレンの、
ロマンチックな恋のお話。

果たしてどっちの道が幸せなのか?
ヘレンは、どっちの男といることが幸せなのか?
傷付くことに臆病な、主人公の2つの恋の行方。

--------------

監督のピーター・ホーウィットは、これがデビュー作!
私的にはメメントと並ぶ斬新な話だったと思うんですが。
2つの舞台で微妙に違う恋をしていく主人公を追うのが楽しい!

1つ言うとすれば、どっちの男もかっこよくないー!ってことぐらい。
でも私だったら同棲中のダメ男がいいけどな〜〜